<track id="jmhrp"></track>
<track id="jmhrp"><span id="jmhrp"></span></track>
  • <track id="jmhrp"></track>

    <menuitem id="jmhrp"><dfn id="jmhrp"><delect id="jmhrp"></delect></dfn></menuitem>

      IKUTA Solution 世界が認めた技術集団。 IKUTAは主に銅と銅合金をはじめとする金属生産設備の設計?製作販売 メーカーです

      会社概要

      TOP > 会社概要 > 沿革

      沿革

      生田産機工業株式会社の歩み

      1919年 初代生田捨吉、生田鉄工所を創業。 主として科学機械の製造を始める。 また、酒造機械設備、フィルタープレスを開発し酒造工場の合理化に尽くす。
      1935年 会社組織に改組。京阪機工株式会社とし、油送ポンプの製造軍需工場に指定。
      1945年 京阪機工を終戦により解散。
      1950年 伸銅設備機械の製造に着手。 実用新案特許、銅水洗粉砕選別機、圧延機テーブルの自動化機械を開発。
      1953年 生田産機工業株式会社設立。

      1955年
      専売特許、No.27-14473 黄銅板面削装置(スカルピングマシン)開発、実用化に成功。 日本の伸銅製品の飛躍的な品質向上に貢献。 スカルピングマシンは伸銅条材製造において工程上欠かす事の出来ない設備となる。

      1960年 実用新案特許 黄銅棒電流焼鈍矯正機を開発。

      1961年 現在地に新工場を建設。
      1970年 両面面切削装置(ダブルサーフェススカルピングマシン)を開発。 面削装置の飛躍的な省力化に貢献。1号機を日立電線(株)に納入。 その後大手伸銅企業は全て両面面切削装置の採用を行う。
      1974年 生田宗宏 代表取締役社長に就任。
      1978年
      韓国の最大手、Poongsan Metal Corp.に両面面切削装置、自動溶接装置を納入。 輸出第1号となる。その後、香港、台湾の伸銅メーカに順次輸出。

      1982年 第2期工場拡張工事完了。
      1985年 1500mmワイドタイプの大型両面面切削装置を開発。三宝伸銅(株)[現三菱伸銅(株)三宝製作所]に納入。

      1986年 イラン国営伸銅工場に両面面切削装置を納入。
      1990年 厚板多条切スリッターラインを開発。(株)神戸製鋼所に納入。
      1991年
      アルカリ脱脂洗浄ラインを開発。日本鉱業(株)[現JX日鉱日石金属(株)]に納入。 1500mmワイドタイプの大型両面面切削装置を古河電気工業(株)に納入。

      1992年 ヨーロッパの大手伸銅各社から引き合い。ヨーロッパ方面への営業展開を図る。
      1994年 ドイツのKM-EuropeMetalに1500mmワイドタイプの大型両面面切削装置を納入。
      1995年 WindowsNTをベースにしたCNCカッター研削盤を開発。日立電線(株)に納入。
      1998年 第3期工場拡張工事完了。
      1999年
      生田泰宏 代表取締役社長に就任。 世界初タンデムタイプ両面面切削ラインを台湾のMinchaliMetalに納入。

      2000年 1500mmワイドタイプ向けCNC6軸制御カッター研削盤を開発。古河電気工業(株)に納入。 IKUTAブランドのスカルピングカッターの製造販売を開始。

      2001年 中国市場進出 上海事務所開設。
      2002年
      中国蘇州に100%出資法人 生田(蘇州)精密機械有限公司を設立。 メッキリフローラインを台湾のFirstCopper&IronIndustrialに納入。

      2003年
      日本の機械商社と合弁で昆山生田貿易有限公司(現 苏州伊库达贸易有限公司 )設立。 スリッターラインおよび周辺設備を古河金属(無錫)有限公司に納入。中国市場への足がかりとする。 広州銅材廠有限公司に子会社生田(蘇州)精密機械有限公司と合弁で面削ライン納入、中国で生田ブランドの地位を確立。 異形材面削装置を開発。北京金鷹銅業責任有限公司に納入。

      2004年 世界最薄銅箔(6μm)脱脂ラインを納入。
      2005年 切削異形材加工事業を開始。 Sunnex Inc.向けにharley-davidson車専用ブレーキディスク用特殊レベラーを納入。 京都府プロジェクトの垂直軸小型風力発電機開発企業に採択される。
      2006年 ターゲット母板研磨装置を新規開発。 世界初異形条レベラーの開発に成功。

      2007年 ギリシャのHALCOR社向けにCNCカッター研削盤を納入。 小割スリッター装置を日鉱宇進精密加工(蘇州)有限公司に納入。 経済産業省中小企業庁より2007年「元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれる。
      2008年
      中国国営最大手中鋁洛陽銅業有限公司に両面面切削ライン及びカッター研削盤を納入。 スカルピングカッター専用工場を新設。

      2009年
      中国での1号機となるテンションレベラーラインを中色(寧夏)東方集団に納入。 関連会社株式会社京ウィンドを設立。 東京事務所を開設。 広島事務所を開設。 立命館大学との共同研究を開始。 風力発電機が経済産業省平成21年度ものづくり中小企業製品開発等支援補助事業に採択される。

      2010年
      中国での1号機となる脱脂ラインを中鋁上海銅業有限公司に納入。 中国上海万博日本館で風力発電機を出展。 京都府より委託を受け上海新天地にて京都府アンテナショップの運営を開始。 [(株)京ウィンド]

      2011年 新社屋竣工
      2012年
      生和(蘇州)技研有限公司設立 国内大手伸銅メーカーへ最新鋭面切削装置納入

      2013年
      国内大手伸銅メーカーへ縦型めっきライン納入

      2014年
      EuroBLECH2014 国際板金加工見本市出展

      2015年
      2015年3月17日 オスカー認定 トルコ イスタンブールにヨーロッパ向け営業拠点となるIKUTA MAKINE A.S.を設立

      2016年 IKUTA MAKINE A.S.で超硬スラブカッターのヨーロッパ向けの新作?メンテナンスに対応出来るよう製作設備を新規導入。
      トート技研株式会社と業務提携。
      2017年 トート技研株式会社を吸収合併し、東京事業所とする。
      12月22日経済産業省より地域未来牽引企業として選定される。
      2018年
      遠隔監視システム技術センター発足。
      設備遠隔監視システム『METIS-i』販売開始。
      京ウインドに新規事業の食品機械事業部 発足。
      生田(蘇州)精密機械有限公司の工場を工業園区より相城経済技術開発区へ新設移転。

      蘇州新工場外観

      IKUTA INFO

      住所
      京都市伏見区横大路
      下三栖辻堂町6
      地図
      TEL
      075-611-4347
      FAX
      075-622-4391

      お問い合わせ

      IKUTAを知る

      社長ブログ 未来の人生はいま想う心がつくるんだよ

      採用情報

      (株)京ウィンド

      2007年度京都中小企業技術大賞受賞しました!

      2007年“元気なモノ作り中小企業300社”に選ばれました!

      輝く地域企業表彰を受賞しました!